「対象者を絞れない」という悩みを一発で解決する集客ノウハウの極意

こんにちは!
ヤバイ買い物をしてしまった
木戸一敏です(^_^;)

「強みを探せ!」

仕事をする上で
「自分の強み」を探すことが重要だと
よく言われます。

特にネットで集客をするときは、
文字で表現するしかないので、
短い文で興味を引き付ける必要があり、
そのときに「強み」が必須になります。

ただ、
多くの人は
その「強み」が見つからないから
困っているんです(^0^;)

そこで今回は、
私がお勧めする
「自分の強み」の見つけ方を
お伝えします。

ズバリ!
「自分の強み」の見つけ方を
一言でいうと、、、

弱みを見つけること】です。

「自分の強み」を見つけようとする前に、
「自分の弱み」を見つけるんです。

そうすることによって、
「強み」が浮き彫りになってきます。

何より「弱み」から出てきた
「自分の強み」は強力です。

単に「自分の強み」としての
キャッチコピーや肩書が見つかるだけでなく、
なぜ自分はこの仕事をやっているの
核となる部分が見つかります。

そうすると
ブレない軸ができあがります。

実はこの「ブレない軸」こそが、
集客を機能させる一番の要素であり
どんどん前進できるようになります。

特にコンサルタントやコーチなど、
自分が商品となる仕事』は、
まずは「自分の弱み」を見つけるのは
必須だと私は思っています。

今まで営業でトップだったり
経営者としてかなりの実績のある人でも
コンサルになっても食って行けず
元に戻ってしまう人がたくさんいます。

保険や住宅といった自分以外のものなら
ガンガン売ることができるのに、
自分を売るとなるギクシャクしてしまう…。

メルマガやブログをやっているのに
単に記事を書くだけで
売ることをしない…。

売りがあったとしても
申し訳程度。

クライアント獲得のチャンスがあっても
消極的になってしまう。

こうなってしまうのは、
通常商品であれば、
断られても大きく傷つくことはなくても、
自分自身が商品だったときの断りは、
自分が全否定された気持ちになりますからね。

だから売ることに対して無意識に
ブレーキをかけてしまうんです。

これが自分を売る難しさだったりします。

この葛藤は
私も相当ありました。

ブレブレで
地に足がついてい状態が
半年以上も続きました。

それが「自分の弱み」ガッツリ認識したことで、
(正しくは、認識させられた訳ですけど(^0^;)
コンサルになる決断ができました。

弱みを認識させられたエピソードの全容は
こちらに書いてあります↓
http://bit.ly/1x7ncjR

このおかけで
「自分の強み」が見つかり
自分で驚くくらいの
ブレない軸ができました。

ブレない軸が実感できたのは、
コンサルになることを
人生の師匠である
教材営業マン時代に働いていた会社の社長に
伝えたときでした。

「俺はいつも木戸のことを自慢してるんだよ。

絶対売れないと思ったやつが、
一生懸努力してトップ営業マンになった。

さらには自分の家も建てて
年商3億円の会社まで創ってしまったやつがいるんだと。

でも木戸、こう言っちゃ悪いけど、
たかが3億円なんだよ。

この世の中には10億円、100億円の会社が
腐るほどあって、
そんな中、3億の会社の社長である木戸に
コンサルをお願いする人がいるか?
よく考えたらいいよ」

「社長、大丈夫です。
私を必要としている人は100人に1人、
いや1000人に1人かもしれません。
でも1人でも私を必要とする人が
いると思うので、やろうと思うんです」

この言葉は
自分でも驚くくらい落ち着いて
自然に口から出てきした。

さらに「弱み」を見つけることは、
「なかなか対象者を絞れなくて…」
という悩みも解決するようになります。

対象者を絞れないのは
実はマーケティングスキルがないからではなく、
自分の弱みを認識していないからで
欲張って対象者を広げたい気持ちが
どこかにあるからです。

「でも、自分の弱みを掘り出すのって
ただ暗くなってしまうだけに思うんですけど」

確かに一瞬は暗くなったり
落ち込んだりするかと思います。

ただそこで終わりにするのではなく、
その弱みを「みとめ」(受け止め)ることで
自分の中で弱みの見方が変わってくるんです。

よくよく考えれば、
そんな見たくない「自分の弱み」も
自分の中の一部。

「自分の弱みを見たくない」というのは
自分そのものを否定するようなもの。

「自分の弱み」を否定するのではなく
一度直視することで
弱みが実は「自分の強み」に変わってくるんです。

そしてその瞬間というのは、
自分を【みとめ】たことを意味し、
だから自分が元気になって
物事も好転するんだと私は思っています。

▼今日の「優良客だけをリアル集客する!
パワーマーケティング」チェックポイント

『自分の弱みを探してみよう』