はじめに「チラシ反響率1/50とは?」

はじめまして、
チラシ反響率1/50コンサルタントの
木戸一敏と申します。

たくさんあるブログの中で、私のブログに目を止めていただき
ありがとうございます。

このブログの内容が、
あなたのお役に立てるようでしたら嬉しいです。

このブログは、

・いい商品サービスを提供している自負はあるが
 集客や営業に行き詰まっている経営者・営業マン

・競争激化の渦中にある業種で利益の確保に悩む経営者

取り扱う商品が差別化の図りようがなく

 その打開策を模索している経営者

という方が対象となります。


この悩みを一気に解決するのが
当ブログのテーマとなっている
「チラシ反響率1/50」です。


チラシ反響率1/50とは何か?

通常チラシの反響率は、
10,000枚配って1件の問い合わせが来ると言われています。(業種によるが)

地域や業種によっては、
20,000枚配って1件という報告もあるくらい
チラシの反響率はどんどん落ちています
ある社長は、それでもチラシをやめられないといいます。
木戸「え?どうしてやめられないんですか?」
社長「確かに反響率は悪いんですけど、だからといって他に集客手段はないし」
木戸「ホームページはやらないんですか?」
社長「ホームページだと遠くに住むお客さんからの問い合わせが多くて、
   非効率になっちゃんうんだよね。だからチラシはやめられないんですよ」
負のスパイラルから抜け出せない、と社長は言います。
このようにチラシ反響率の低迷が続く中、
私が提唱するチラシは
50枚配れば1件の問い合わせが来ます。

1,000枚配れば20件、
10,000配れば200件
という
嘘のような反響率を叩きあすチラシです。

「でも木戸さん、それが本当だとしても、
 半分冷やかしのような問い合わせじゃ困るんですよ」
確か社長の言われる通りです。
そこで私は正直に、
反響率1/50チラシから来る
問い合わせの内容を社長にお伝えしました。
すると・・・