コンサルになれたのは、小心者自覚事件にあった!

 おはようございます! 今7:36(メルマガを書き始めた時間)
 
 最近ミカンが朝食になっている、木戸一敏です。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本日のテーマ : コンサルになれたのは、小心者自覚事件にあった!

【Q】コンサルタントしてやっていこうと考えているのですが
   なかなか一歩を踏み出すことができません。

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

家族みんなでミカンを食べてるんですけど
なぜか私が食べようとしたミカンすべてが
皮が剥きにくいものばかり…。

う~ん、
どうしてなんでしょう(^^;

———————————————————————–

【Q】コンサルタントしてやっていこうと考えているのですが
   なかなか一歩を踏み出すことができません。

【A】欲張っているとき、そうなってしまいます。

 

●先日インタビューを受けたときです。

「どうやって木戸さんは
 コンサルタントとして
 やっていけるようになったんですか?」

こんな質問を受けました。

この質問の狙いは
これからコンサルタントとして
やって行こうとする人が
一歩を踏み出せるようになること。

「木戸さんは、コンサルタントとしての実績なし 
 経験なし、知名度なしの状態から
 スタートしたんですよね。
 どうやったんですか?」

インタビュアの人は
この部分が知りたいと言うんです。

 

 

●正直、当時は揺れている期間が
長かったです。

6ヶ月以上
気持ちはフラフラしていました。

「コンサルタントになれたらいいなぁ」

「でも、経験も実績も何もないし
 できるわけがない」

「でも、もしかしたら依頼する人が
 いるかもしれないし」

「でも、だれもいなかったら…」

「でも…」

 

 

●7年前
先のことは何も決まらないまま
リフォーム会社を閉めました。

そして
小心者自覚事件が発生↓
http://www.1-eigyou.com/01/

この事件でコンサルタントとしてやっていくことを
踏み切れない原因が
はっきりわかったんです。

それは…

【欲張っていた】から。

経営や営業、あらゆることを解決できる
コンサルタントにならなければと
考えていたんです。

 

 

●自分で経験も実績も知名度もないと
自覚しておきながら
「あらゆる問題を解決するんだ」
と思いっきり矛盾したことを言ってた訳です。

それが小心者自覚事件で

「違う違う。
 オレがお役に立てるのは
 ほんのごく一部の人だけ。
 うん、それでいいんだ」

と気づいたんです。

「今の自分にできること、
 自分がどういう人間なのかすべてを打ち明けて
 こんなオレにもコンサル依頼をしてくれる人とだけ
 お付き合いしていけばいいんだ!」

 

 

●そこで今、自分にできることを
探して見つけたのが
建築業の中のリフォーム業、

その中の塗装工事店、

さらにその中の脱下請けを目指している人と
いう様に限定したところに決定。

そのときの肩書きが
「脱下請け必勝システム構築士」。

2002年秋
私はコンサルタントとして
ここからスタートしました。

欲張っているときというのは
自分を「みとめ」ていないとき。

ちゃんと出来ているところを
自分で「みとめ」てあげると
自分が喜びます。

そうすると一歩を踏み出せるように
なるんですよね。

 

■今日の「みとめ」のチェックポイント

『欲張りな自分を捨ててみよう』