リフォーム業だからできる集客ノウハウは現場周辺にあった!

こんにちは!
優良顧客だけをザクザク獲得する実践塾を主宰する
木戸一敏です。

 

リフォーム業のいいところは
なんといっても
「現場周り」という集客ノウハウがあることです。

ここを体系的にしっかりフォローすることで
確実に集客できるのですが、
多くの会社は工事をやるだけで
現場周りの集客ノウハウが確立されていません。

ここに大きなチャンスがあります。

先日この話を工務店のYさんに話をしたら
昔は集客できたらけど
今は難しくなったと言っていました。

確かに昔のようにポンポン契約が取れることは希ですが
ポイントを抑えれば
確実に現場周りは集客できます。

集客に失敗する99%の原因は、
売るタイミングが早すぎるからなんです。

 

実は、ちょうどモエルの事務所の隣で
塗装工事をしていて、
その会社は現場周辺の集客ノウハウをバッチリ実践していました。

実際に2棟工事して
さらにそのうちの1棟は追加受注していました。

モエルメソッドを学んだのでは?
と思うくらいバッチリです。

具体的にどんなことしてたかというと、、、

多くのリフォーム会社や工務店は、
工事前の挨拶でタオルを持って行くだけで終わり。

やったとしても
工事完了後の挨拶だけ。
(やっていない会社が多い)

これじゃ集客できるわけがありません。

「え?木戸さん工事前と完了後の挨拶以外に何があるの??」

工事前と完了後以外となると
ここしかありませんよね。

そうです。

“工事中”です。

洗浄前と洗浄後も
キチンと挨拶をするんです。

 

挨拶をするときのポイントは
ここにあります。

挨拶をするときは、
【挨拶だけに留める】ことです。

現場周辺の集客ノウハウのひとつです。

ここで「もし、よろしかったらお宅も工事しませんか?」
と言ってしまうのはNGです。

タイミングが早すぎなんです。

売らんがための挨拶は
挨拶じゃやない
です。

だから挨拶だけにして
それを何回か繰り返すんです。

そうすると、どうなるか?

「この会社の人は丁寧だ」
という好印象を与えます。

 

その会社の人が
いつもスタッフに挨拶をしていたんですけど、
明らかにスタッフは彼らに好印象を持つようになりました。

「挨拶がすごく丁寧ね」

「他の会社の人方とは違うね」

私は横で聞いていて
うちのスタッフは彼らの思惑通りになっているぞ
と思いました(^_^;)

こうして関係づくりをしてから
売りの話をすれば
大抵の人はちゃんと話を聞いてくるものなんです。

実際に彼らが売りの話をしてきたとき、
スタッフはいつも以上に話を聞いていました(^0^;)

売り方が上手い下手もありますが、
それより有用なのは
売るタイミングなんです。

 

▼今日の「優良客だけをリアル集客する!
パワーマーケティング」チェックポイント

『売るタイミングは関係づくりをしたあとにしよう』