効率的な集客ノウハウ「大反響チラシ」メール講座が間もなく始まります!

効率的な集客ノウハウ「大反響チラシ」メール講座が間もなく始まります!

こんにちは!
インドカレー、CoCo壱番屋、自宅でと
3連チャンカレーを食べていたことに気づいた、
木戸一敏です(^0^)

同じ食べ物が続いてても
大丈夫なタイプなのかもしれません。。。

2月4日(日)に公開する
保険業の集客革命「大反響チラシ」メール講座
の件で昨日こんなメールをいただきました。

「お客様から連絡が来るというのは、
お客様から傷病が発生したときで
保険商品に関する問い合わせが来るというのは
にわかには信じがたいというのが正直なところです。」

実は20年前の私もそう思っていました。

塗装工事の飛び込み営業マン時代の話です。

「チラシはあくまでも、おまけ。
興味を持ったお客さんに
『ちゃんと商売をしていますよ』
と安心感を与えるものであって
チラシで問い合わせが来るほど甘い世界じゃないからね」

こう上司に言われていました。

そのとおりだと思いました。

チラシで問い合わせが来るんなら
わざわざ飛び込みなんてする人はいないですからね。

そうして飛び込みをひたすらやり続け、
継続して結果を出し続けられるようになったとき、
だんだんと違うやり方を考え始めました。

そのとき、ふと思い出したのがチラシ。

飛び込みを研究し続けたことで
ダメダメ営業マンだった私が
週休3日、1日4時間半で
月収250万円を達成できました。

もしかしたら飛び込みと同じで
チラシも研究し続けることで
集客ができるようになるのかもしれない。

そう思ってチラシ集客に
チャレンジし続けたことで
私の中の集客革命を実現することができました。

お客さんの方から問い合わせがくるなんて
衝撃的でした。

自分でチラシを作っておきながら
「ウソだろう!」と思いましたからね(^0^;)

それと同じで保険業界も
・ニード喚起をする
・提案する数を増やす
・紹介をお願いする
といったようなことをしない限り
保険は売れない
と誰もが思い込んでいます。

契約を取るために、
・ニード喚起をする
・提案する数を増やす
・紹介をお願いする
といったことを皆がガンガンやったことで
【保険営業マン=売り込みをされる】
と警戒されるようになりました。

関東の異業種交流会では
「保険営業マンお断り」というところが
多くなりました。

転職を考えていると友人や親に言うと
「保険屋だけにはなるなよ!」
と言われるようになりました。

保険営業マンは嫌われ者の
代名詞みたいになってしまったんです。

でも、、、

そんな嫌われ者のイメージから
2月4日(日)限りで
もうサヨナラです。

保険業界の集客革命を起こした
大反響チラシが
2月4日(日)に公開されます。

チラシを配って
保険に興味のある人だけに対応する。

そうすれば無駄な時間がなくなりますし、
興味を持たせる必要もないので
ストレスがなくなります。

契約数や単価に関しても
興味のある人だけに対応した方が
確実に毎月のノルマは達成できます。

何よりも、楽です(^o^)

楽だから
お客さんをもっと喜ばせよう
という気持ちの余裕も生まれてきます。

世の中の役に立てている仕事をしているんだ!
という実感も持てるようになります。

「でも木戸さん保険業界も
チラシ集客が当たり前になったら
だんだん反響が取れなくなりますよね」

こんな疑問を持つあなたは
めちゃ鋭い人です(^^)

みんながチラシをやるようになると
反響は落ちます。

反響が落ちると
誰もがチラシの枚数を増やそうとします。

チラシ集客が当たり前のリフォームや不動産
整体などでは大量にチラシを撒いても
反響が取れない事態に陥っています。

でもご安心ください。

この部分もシッカリ研究しました(^o^)v

昨日いただいたメールを読んで思ったのは、、、

今、自分や回りが当たり前のようにやっていることを
一度、前に向きに疑ってみるということ。
^^^^^^^^^^^^^

「今のやり方じゃダメ」
と後ろ向きに疑うのではなく、

「もしかしたら今のやり方よりいい方法があるかも!」
と前向きに疑うんです。

この疑いがあることで
新たな可能性を生み出します。

そんなわけで
保険業の方は
2月4日(日)に公開する
保険業の集客革命「大反響チラシ」メール講座
を楽しみにしてください(^o^)

▼今日のポイント
【今やっていることを前向きに疑ってみよう】

今日も最後までお読みいただき、
ありがとうございますm(_ _)m

木戸一敏
kido@moeljyuku.jp

モエル株式会社
東京都豊島区南池袋1-16-4NKビル3F