反応率15%の高反応ファックスDMを教えても上手くいかない人の共通点

DSC_0246

こんにちは!
優良顧客だけをザクザク獲得する実践塾を主宰する
木戸一敏です。

 

昨日、保険代理店をサポートしているSさんと
家の近くのファミレスで楽しいお話をしました。
このSさんの実績がハンパじゃないんです。

・売れない代理店が安定的に売れるようになった

・契約率が80%を越えた

・新規開拓で15%以上の反応率を実現したファックスDM

 

などなどSさんは数々の
とんでもない実績を出している人。

私としては、
「新規で15%以上の反応率を実現したファックスDM」
というのが気になってSさんに
どんなファックスDMで何を書いたのかを
根掘り葉掘り聞きました。

 

「いやぁ、ただ神田さんの本に書いてあったことを
真似しただけですよ」

やっぱりできる人は
必ずこうやって軽く言うんですよね。

真似をすると言っても
その真似をするポイントをしっかりつかんでいないと
外れてしまうもの。

Sさん頭の中の、
ここの思考の部分を聞きたかったんです。

「反応率15%のファックスDMを他の人に教えても
その後の成約にならにんですよね」

Sさんがとんでもない実績を上げてきた
大きなヒントがここに隠されてる。

そう私は考え、Sさんに聞きました。

「成約になる人、ならない人の違いって
一言でいってなんですか?」

「やっぱりちゃんとシナリオを作ることですよ」

「でも、ほかの人ってみんなベテランなんだから
頭の中にシナリオがちゃんとあるんじゃないですか?」

「それがみんな結構、持っていないんですよ」

なるほど
確かにそのとおりかもしれませんね。

感覚だけに頼ったやり方をしてると
うまくいかなかったときに苦労してしまうんです。

 

それでうまく行くんだったら
みんな億万長者になってしまいますからね(^^;

漠然としたところからは
何も生まれないんです。

結果が出ないばかりか、
何が原因でうまくいったのかもすらわからない。

そんなわけで
私にメール相談をするとき
質問を明確にすることで
より具体的な答えをだせる可能性が高くなりますよ。


× ⇒ 「一気に成績をあげるコツはありませんか?」

○ ⇒ 「私の営業プロセスは~~~です。
      この結果、成約率40%、断り10%、保留が50%です。
      この保留の数を少なくする方法はありませんか?」

こんな感じの質問だと答えやすいです(^^)

 

▼今日の優良顧客だけをザクザク獲得するチェックポイント

『漠然としたものを明確化してみよう』

 

「成約率を下げてしまう2つの原因」
を知りたい方は、こちらをクリック

「スルーされる「こだわり」、共感を呼ぶ「こだわり」の違い」
を知りたい方は、こちらをクリック

 チラシ手渡し130枚で5件(保険)、
ポスティング500枚で24件(住宅リフォーム)、
郵送+来店手渡し800で380件(美容室)など、
あり得ない反響数を叩き出すチラシ作りのノウハウを、
期間限定で無料公開中!