圧倒的差別化を図る営業の達人は「息抜きで飛び込みしてきたよ」と言う!

こんにちは!
優良顧客だけをザクザク獲得する実践塾を主宰する
木戸一敏です。

圧倒的差別化を図るためには何をすればいいのか?

先日ある人から私の過去から今に至るまでの話を

鋭い視点で質問されました。

なぜ最初、飛び込みにチャレンジをして
なで今「最強集客モデル」を語っているのか?と。

この質問で圧倒的差別化を図る「最強集客モデル」が

産まれた原点を思い出しました。

「飛び込み」イコール「断り」
といういやなイメージが
私が社会人になったときかありました。

それが、あるテレビ番組で大きく変わったんです。
営業マンの特集番組で

最初断ったはずのお客さんが
少し話をしただけでお客さんの方から
「買ってちょうだい」と言うようになってしまう…。

それで、たくさんの契約を
取ってくるという話を聞いたとき、
な、なんだこれはーっ!!!
と衝撃を受けました。

でも私は人と接する仕事は大の苦手。

絶対、自分にはできないと確信しました(><)

それでもトップ営業マンというのは、
相手の心理を読み取れる人で
一生食うに困ることはなくなるし、

資金なし、実績なしの
まったくのゼロの状態からでも
やっていける凄い仕事だという思いは消えませんでした。

私とってトップ営業マンは
芸能人になるより難しい存在で、
憧れの仕事だったんです。

それが週休3日、1日4時間半の活動で
月収250万円を稼げるようになったとき、
飛び込みの興味は薄れて、
会社や仕組みづくりに興味を持つようになりました。

でも、飛び込みは
今でも最高だと思っています。

「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」
という本がありますが私にとっては
「人生に必要なことはすべて飛び込み営業で教わった」
という感じです(^^)

「断り」というマイナスからのスタートが、
会話次第で相手の方から「欲しいです」となるかを
“リアルで間を感じながら組み立てる”というのは
最高の学びになります。

先日、ある業種ではネット上のシェア上位を
長年キープする強者と会ったのですが、
ネットの限界を感じリアルのノウハウを学びたいと言っていました。

ネットも今、SEOやライティングテクニックだけで
集客できない時代になりました。

情報過多の世の中になったことで
見る側が本物か偽物か判断できるようになりました。

その判断とは、
“リアルでもちゃんと活動している人かどうか”

それが透けて見えるように
なったんです。

だから「飛び込みをやりましょう」
とは言いませんが
飛び込み営業のノウハウには、
ネットもリアルも関係なく
学べる要素がたくさんあります。

じゃ、どこで飛び込みのノウハウを学べばいいか?

もちろん、このメルマガでもお伝えしますが
飛び込み営業の達人Kさんのブログを
お勧めします↓
http://f-power.biz/teigyo/

私と違ってKさんは、
飛び込み極めて現在は管理職として
部下を指導しているんですが
「最近、息抜きに飛び込みしてきたよ」
というくらい飛び込み大好き人間です(^^)

この時点でもう圧倒的差別化を図ってますよね(^^;

好きな人には敵いません。

 

▼今日の「優良客だけをリアル集客する!
パワーマーケティング」チェックポイント

『ネットではなく、リアルで相手との間を感じよう』