売れる社員が育成できないのは「自分でやったほうが早い」と思っているから?

こんにちは!
チャーと高中正義が共演しているYouTubeを発見したら止まらなくなってしまった
木戸一敏です(^0^;

仕事というのは
不思議なものです。

儲かっている、儲かっていないに関係なく
会社を続けていると
どんどん雑用が増えてきます。

どうしてなんですかね(^_^;)

それで毎日が常に雑用に追われ、
疲弊してしまっている人が多いのではと思います。

でも、そんな中、
雑用に振り回されることなく
どんどんスケールが大きくなっている人もいます。

コンサル仲間のMさんやYさんが後者です。

彼らを見ていると
仕事に追われるのではなく、
仕事を追っている】ように見えるんです。

彼らは私より10歳以上若いんですが、
初めて会ったとき
考え方がしっかりしていると思いました。

そんな彼らをみて
仕事に追われる人、仕事を追う人
の違いが見えてきました。

それは・・・

彼らは【教えられる人】なんです。

コンサルだから
当然「教える」のが仕事なわけですけど、
その「教える」ではなく
自分がやっている仕事を
人に教えられる人だということです。

つまり、
「自分でやるほうが早い」
といって仕事をどんどん抱え込んでしまう人と、
他人にどんどん任せて
自分でしから出来ない仕事に
特化している人の違いということです。

ただ問題は、
雑用であってもそれを人に教えるとなると、
自分のレベルに近づくまでは
それなりの時間がかかります。

明らかに自分がやった方が
10倍速いし教えるストレスもありません。

そんなわけで
「教える」ことを
敬遠する人が多いのが事実。

ただ、この考え方は、
「短期的な視点」に偏りすぎなわけで
時間が経てば経つほど
教えることができない人になってしまいます。

実はリフォーム会社を経営していた時、
「自分でやるほうが早い病」にかかり
かなり痛い思いをしたことがあるんです。

この経験があってから
仕事を「教える」ことを意識し始めたんですが、

ちょっと油断をすると
すぐに「自分でやったほうが早い」と
思ってしまうんです。

でも、これを続けてしまうと
3年後、5年後、10年後も
本来なら自分でやらなくてもいい仕事にまで
追われている毎日を送ってしまう。

そうでなくても会社を続けていると
どんどん雑用が増えてくる。

だから
もう少し「中・長期的な視点」を持つ必要があるんです。

そんなわけで、ずっと
「自分でやってはいけない」
と踏ん張り続けてきました(^_^;)

「教える」というのは
部下だけでなく外注先も同じで
ここはOさんが上手くやってます。

 

▼今日の「優良客だけをリアル集客する!
パワーマーケティング」チェックポイント

『「教える」ことにチャレンジしよう』