成約率アップ!クビ寸前の保険営業マンが「お願い営業」から卒業して即決しました

 

こんにちは!
優良顧客だけをザクザク獲得する実践塾を主宰する
木戸一敏です。

今回は「成約率アップ!お願い営業から卒業して即決した」
話をお伝えします。

今週はいつになく
セミナーや打ち合わせなどが
毎日入ってバタバタしてました(^_^;)

こうやって動いていると
嬉しい報告や相談もガンガン入ってきてますね!

その中で、これは絶対シェアした方がいいと思った
成約率アップに成功した素晴らしい報告を紹介しましょう!

このままの成績では
12月の査定でクビになってしまうと
自信を失いかけていた
保険セールスレディAさんからの成約率アップ報告です。

↓   ↓   ↓  ここから  ↓   ↓   ↓

また詳しい報告をさせていただきますが、
結果は息子さんにやっていただけること(契約)になりました!

お客様と話すことを楽しんでいる自分がおりました。

まだまだですが今までとの違いを実感しましたので、
早く次のお客様とまた話せるよう
しっかり活動していこうと思います。

↑   ↑   ↑  ここまで  ↑   ↑   ↑

今まで商談をしていて楽しいなんて
一度もなかったAさん。

楽しくないというより
胸が締め付けられるように
「苦しい」と言っていました。

そんなAさんが
どうして商談を楽しめるようになったのか?

どうやって成約率アップができたのか?

その答えを言う前に、
12月の査定でクビになるくらい成績が低迷した
最大の原因をお伝えしましょう。

それは・・・

“お願い営業をしていたから”なんです。

「一度お会いさせていただけませんか?」

「一度お話を聞かせていただけませんか?」

「一度、提案させていただけませんか?」

お願いして取ったアポは、
高い確率で保留になります。

「考えておきます」と言われ
数日たったとき
「その後いかがですか?」
と電話をすると
「やっぱり今回はいいです」
と断られるか
「すみません、忙しくてまだ考えていないので
私の方から電話をします」
と言われて終わり・・・。

こんなパターンを
Aさんは繰り返していました。

というより
お願いをしないで
アポが取れるわけがないし
契約が取れるわけがない…

そう思い込んでいたAさん。

それが今回は、
訪問のアポも契約も
お客さんの方から
「お願いします」と言われました。

では、一体どうすれば
「お願いします」と言われるようになるのかというと、、、

ズバリ!それは、

【目的を伝えること】です。

実際にAさんが伝えた目的が
これです↓

Aさん「今日は山田さん(仮名)に
笑顔になってもらえたらと思って来ました」

お客さん「 えっ、そんなそんな」

Aさん「 保険って色々分かりづらくて難しいですよね。
今回は山田さんがコツコツ20年貯めてこられた
大切なお金をどうしたら山田さんに
笑顔になってもらえるか、私も色々考えました。
分からないことや、やっぱりいいと思ったら、
遠慮なく言ってくださいね」

お客さん「分かりました」

こうやって
“目的を軸に会話をしていく”んです。

目的を軸にするとどうなるかというと、
お客さんは「私のために話してくれているんだ」
と思うようになります。

目的が「契約を取るために」となってしまうと
お客さんは「なんであんたのために契約しないといけないの」
と思ってしまいます。

仮に契約したい気持ちがあったとしても
「絶対にあんたから買わない」と心を閉ざします。

一貫して目的を軸に会話をしていくことで
お客さんは自然と
「お願いします」と言うようになります。

何よりも目的を軸に会話をしていると
売り込んでいる感がまったくしなくなるので
Aさんの報告にあったように
楽しく会話ができるようになるんです。

結果、成約率アップを果たせるんです!

この目的を軸にした
アポ取りから契約までのプロセス(トーク)は、
彼に↓伝授していますので
http://mail.omc9.com/l/01kM44/GEyMVsgQ/

Aさんの使ったトークのすべてを知りたい方は、
彼に聞いてみてください↓
http://mail.omc9.com/l/01kM44/rVNr4OFL/

 

最初、すごい暗い声だったAさんが
別人のように明るくなって
私まで嬉しくなりました(^0^)

Aさんだったらきっと
この契約をきっかけに
12月の査定を乗り越えられると私は
確信しています(^^)

Aさん!応援してますよ!!

 

▼今日の「優良客だけをリアル集客する!
パワーマーケティング」チェックポイント

『いつも目的を忘れずに商談をしよう』