新規開拓なのに「あんた疲れてそうやから飴でも舐めていき」と言われる集客ノウハウ

こんにちは!
今日は空き瓶を捨てられるゴミ回収の日だったのを
またしても忘れてしまった、木戸一敏です(-_-;)

 

今、右肩上がりの産業というと、
リフォームやペット、介護関係などがあります。

 

当然、右肩上がりの産業には、
だれもがそこに目を付けて
どんどん参入してきます。

そんなわけで
ここ近年は介護施設を経営されている方からの
相談も増えています。

直接、利用者を募集することはできないので
ケアマネジャーから紹介をもらい
利用者を増やするのが介護施設の集客の仕方です。

ところが今
どんどん介護施設を経営する人が増えているので
ケアマネジャーさんのところには、
頻繁に介護施設運営者や営業マンがやってきます。

ケアマネジャーという仕事は
とても忙しいので
売り込みに来る人一人一人に
対応することはできません。

 

でも、介護施設フランチャイズの本部は、
「1週間に1回はケアマネジャーのところに顔を出すんだ」
と指導されます。

 

言うのは簡単で、
実際に毎週、顔を出すと
当然うるさがられます。

 

そうなったら
もうそのケアマネジャーさんのところには
いけなくなりますよね。

そこで私のところに
相談が来るというわけなんです。

つい先日も介護施設で働く
モエル塾メンバーのTさんから相談があり、
ケアマネジャーさんと関係を構築する秘策を伝授。

すると早速、報告メールが届きましたので
シェアしますね!

 

 

> 今回のチラシ作戦をやってみての感想なのですが、
> 無理にこちらが話そうとしなくても
> 勝手に相手が話をしてくれるので、
> いつの間にかコミュニケーションが図れてます。
>
> 挙げ句には
> 「あんた疲れてそうやから飴でも舐めていき」
> と飴まで勧められました(^^;

Tさん!素晴らしい報告、
ありがとうございます!!

バッチリですね(^^)

このままやっていけば
間違いなく利用者は増えてきますよ!

 

多くの介護施設の経営者や営業マンが
ケアマネジャーさんにアプローチをするもの
行きづらくなって挫折してしまう中、

Tさんは勝手にケアマネさんから話をしてきて、
飴玉までもらってしまうというから
こんな楽しい仕事はないですよね(^0^)

 

ではどうすれば、こうなるのか?

それは、
・一生懸命、喋ろうとしないこと
・一生懸命、伝えようとしないこと
・一生懸命、分かってもらおうとしないこと

がポイントです。

 

「え!?でも、それじゃどんな施設か分からないので
一生、利用者さんは紹介してもらないですよ?」

 

それは反対です。

 

分かってもらおうとするから
うるさがられるわけで、
じゃどうすればいいかって話なんですけど、
こうするんです↓

 

 

【「押してもダメなら引いてみな」の法則

 

分かってもらおうとするのは、
売り手側の情報を伝えること。

これを反対にすると、
相手側の情報を知ること。

 

つまりケアマネさんに
自社の情報を伝えようとするのではなく、
ケアマネさんから教えを乞うスタンスにするんです。

ポイントは
教えてもらったらとき
【感謝の気持ちをしっかり言葉にして伝える
ことです。

 

そうするとTさんのように
飴玉をもらえます(^0^)

 

 

▼今日の「優良客だけをリアル集客する!
パワーマーケティング」チェックポイント

『関係が出来ていない場合、伝えようとしないで教えを乞うスタンスで接しよう』