顧客を獲得したいなら嫌なことを我慢する仕事では続かない

120404_183622

こんにちは!
優良顧客だけをザクザク獲得する実践塾を主宰する
木戸一敏です。

 

2日前、ある集まりの飲み会に
参加した時の話です。

そこには10年前に
一度だけお会いしたことがあったUさんがいて
大いに盛り上がりました。

自分の好きなことを仕事にして
2人子供と一緒に過ごす時間を確保し
仕事と家庭を両立してきたUさん。

そんな2人の子供たちも大きくなり、
だんだんとUさんと遊ぶことも減ってきました。

ちょうどそんなとき
奥さんにポロっと
こんなことを言われました。

「これから子供たちのことで
どんどんお金が掛かるんだからね」

この奥さんの言葉にUさんは
「確かにこれからお金が掛かるようになるから
嫌な仕事をがんばってやらないと」
と言うんです。

 

私は言いました。

「Uさん、これは私の考えなんですけど、
“嫌な仕事をがんばってやる”という選択は
簡単なことというか安易だと思うんです。
Uさんのように好きなことを仕事にして
ここまで来た人なんだから
今のキャッシュポイントを見直したり
収益を生み出す仕組みづくりをして
収入アップしていきましょうよ!
私も応援しますよ!!」

 

その飲み会の帰りの電車で
Uさんの話を思いだしました。

Uさんのように
好きなことを仕事にしている人でも
今以上にお金を稼ぐとなると
「嫌なことがんばってやらないと稼げない」という思い込みが
芽を出すんだなと思いました。

我々は子供のころから
親や周りの人に
仕事というのは嫌なことを我慢してやり続けないと稼げない
と刷り込まれながら生きています。

好きなことをやろうとすると
「いい歳して、そんな夢みたいなこと言って」
「好きなことで飯を食おうなんて甘いよ」
と周りから否定されます。

 

私は子供のころから思っていました。

この世の中が
好きなことをしてみんな仕事をするようになったら
こんな素晴らしいことはない!

戦争だってなくなるはずだ!!

本気でそう思っていました。

中学生のとき親しい友人に
高校に行かないで上京してバンドマンを目指す話をしたとき
「そんな夢みたいなこと言って」
と否定されたとき驚きました。

えぇ!お前らまだ中学生なのに
なんて夢がないんだ!!と。

だれ一人、共感してくれる人がいませんでした。

段々と私がおかしいのかと思い始め、
結局みんなと同じように高校に行きました。

でも、やっぱり一度きりの人生、
周りの目を気にして流される人生ではなく
失敗したとしても
やりたいことをやる人生の方がいい。

そう気づいて高校を1年で中退し上京しました。

そして現在に至るわけなんですけど、

好きなことやりたいことを仕事にした方が
絶対、人生は楽しい!

周りに好きなこと楽しいことを仕事にしている人であふれていたら
それが当たり前になると思うんです。

だからUさんのように
好きなことを仕事にしている人の存在は
貴重なんです。

そういった意味で
好きなことを仕事にするのは自分が楽しいだけでなく
周りに影響するんです。

友人だけでなく自分の子供たちにも。

あなたの子供に
辛く嫌なことを我慢する人生を勧めるのか
好きなことやりたことを仕事にする人生勧めるのか、
これもあなたの生き方次第で
子供は影響されるんです。

一度きりの人生です。

お金を稼ごうと思ったとき
「嫌なことを我慢してやろう」と安易に考えるのではなく
「好きなこと楽しいことでどうやって稼ぐか」に
知恵を絞って行きましょう。

私はそういう人を応援したくなりまし、
モエル塾の真の目的がここにあります。

 

▼今日の優良顧客だけをザクザク獲得するチェックポイント

『楽しいことでどう稼ぐかに知恵を絞ろう』

チラシ手渡しで5/130(保険)、ポスティングで24/500(リフォーム)、
チラシを郵送+来店手渡しで380/800(美容室)など、
あり得ない反響率を叩き出す
チラシ作りのノウハウをただ今、期間限定で無料公開中!
今すぐ、こちらこから入手してください⇒